活用シーン

トラブル対応

トラブル対策でよくある課題

  • 社外で起きたトラブルは、担当者や責任者の特定に時間がかかる
  • 協力会社へトラブルの状況を説明するのに電話やメールでは時間がかかり、詳細まで伝えることが難しい。
  • 遠方に担当者や技術者がいる場合、すぐにトラブルの対応ができない。
  • 遠方でトラブルが発生した場合、移動費がかかってしまう。

トラブル対策の課題をITオペレーションで解決

事故防止

工場や工事現場では、事故や火災等のトラブルが起きないよう、安全面は徹底していますが、いざという時に異変に気がつかなかったり、ベテラン経験者でないとわからないことが多い。
ITオペレーションは、事故や火災などのトラブル対処パターンをあらかじめ動画にしておくことで、トラブル事象を共有することができます。映像は紙の書類と比べ、異常音や煙色などの現場の状況が明確になるため、事故の危険度をいち早く認識することができます。業務経験が浅い社員でも、トラブルに繋がる危険を察知し予防することができます。

機械故障

機械の故障によるトラブルは、原因や責任区分の特定に時間がかかり、すぐに対応することができません。
また、トラブル対応を外部に依頼する場合も、電話やメールだけでは現場の状況を詳細まで伝えることが難しくなります。ITオペレーションなら、機械の異常や故障などのトラブルをあらかじめ動画でマニュアル化しておけるので、担当者が不在の場合でも状況がすぐに把握できます。
また、担当者や協力会社が遠方にいても、チャットでもサポートが受けれるので、迅速な対応が可能となり、復旧にかかる時間や人の移動費などを最小限に抑えることができます。

災害対策

万一の地震や台風、水害などの大規模な自然災害発生時においては、原材料の調達不足、電力などインフラの供給不足、社員の確保ができないなどの理由で、操業が数ヶ月停止となってしまいます。
ITオペレーションなら、大規模災害発生時においても、避難方法など社員の安全確保や、操業停止危機においての生産補充体制など、会社が大きな損失を受けないよう様々なアクションプランを映像化しストックしておくことで、いち早い復旧に向けての支援ができます。

設備メンテナンス

機械全般の点検方法・維持管理方法をすべて理解している人が少なかったり、旧い機械などでベテランの作業者しか判断できないことが多かったり、メンテナンスにおいての悩みは尽きません。
旧いものから新しい機械まで、メンテナンス全般を動画で共有しておけば、視聴するだけで誰でもメンテナンスが可能となります。点検方法も動画マニュアル化することで、経験の浅い社員でも、動画を閲覧しながら手順を習得することができます。

ITオペレーションに関する
お問い合わせはこちら

機能や料金に関する質問や導入に関するご相談など、
気になる点があればお気軽にお問い合わせください。